タビジョのゆかいな放浪記

日本や世界の街々を巡った放浪記を綴ります♪

【番外編】本日77回目の長崎原爆の日

【番外編】本日77回目の長崎原爆の日

 暫くブログから離れている間に、例年以上に暑さを感じるの8月になっていました。いつものこの時期は、お中元や高校野球の話題で夏を感じたり、お墓参りなどをしてお盆だと実感したりしているのですが、今年はいつもと少し違った本日8月9日を迎えています。

 本日は「長崎原爆の日ですが、もちろんこれは生まれたか時から存在していた日ではあります。では何故いつもと少し違っているのか。。。

 今年5月、コロナの状況をうかがいながら家族で長崎へ旅行に行きました。初日はハウステンボスに行き、その翌日は軍艦島に訪れたりして、長崎の人気観光地を巡って旅行を楽しんでいたわけです。そして帰る日の朝、ホテル近くの山王神社に行きました。そうです、「1本柱鳥居」被爆クスノキで有名なあの「山王神社」です。

 長崎へは高校の修学旅行で初めて訪れました。バスガイドさんがバスの中から、「一瞬しか見えないので見逃さない様に」と言って車窓から指さされていた記憶が蘇りました。しかし、一瞬過ぎて見えなかったので、実物を見るのは今回が初めてでした。

 静かな住宅街に、ほんとに1本だけで立ってました。「原爆」と言っても、関西で生まれ育った私は正直ピンときません。もちろん頭で理解していても、どこかで震災で1本になってしまったと変換されてしまうのです。何度も、原爆で、原爆でと頭で切り替えて考えた時、原爆が落とされた爆心地から800mも離れたところで、爆風だけでこんな大きな石の塊が吹っ飛ばされるって!と思うと、原爆の威力を思い知らされました。

 この鳥居の近くには、倒壊してしまった左半分も現存して置いてありました。1本で立つ鳥居、左半分の鳥居を見るだけでも何とも言えない気持ちになったのですが、「大神宮」としか見えない「扁額」には残酷さが増しました。

 暫く歩き「山王神社」に向かうと、大きなクスノキが見えてきました。これが被爆クスノキでした。

 左右に分かれた2本のクスノキ。樹齢は5~600年と言われています。

 鳥居と共にこちらも爆風により幹には大きな裂を生じ、枝葉が吹き飛ばされ丸裸となったそうです。また熱線により木肌を焼かれ、一時は枯死寸前を思わせたが、その後樹勢を盛りかえし、現在は長崎市の天然記念物に指定されているとのことです。

 

 現在はこんなにも立派に生い茂っていますが、爆風の影響で上部が折れた為に、幹回りの太さの割りに樹高はそれほどでもないそうです。

 一見平和で何気ない景色の中に、私が知らない原爆の凄さを知ることのできる貴重な1本柱鳥居とこのクスノキ。戦争を知らない世代にも二度と戦争を起こしてはいけないということを残していく為に、それぞれは必死に現存して使命を果たしているのかなと思わせました。

 長崎出身の福山雅治さんがこの被爆クスノキを歌ったクスノキ、以前紅白でも歌われていました。そしてクスノキ募金」「KUSUNOKIプロジェクト」等の活動もされています。福山雅治さんというアーティストがこのような形で後世に残される意味はとても大きなことだと思いますし、より原爆を身近に感じられてるからこそ、福山さん自身も使命感を持たれているのだろうなと思います。

 長崎そして広島で被曝された、また戦後この地で生まれ育った人達が迎えられる8月6日、8月9日は、私達とは全く違う特別な1日なんだろうなと、どんな気持ちで迎えられるんだろうなと、今回の旅行で感じました。

 あれから数か月経ちましたが、1本柱鳥居と被爆クスノキを見た衝撃は今でも心に残っています。

 

下記2つのブログランキングに参加しています。クリックをお願い致しますm(__)m

 にほんブログ村 旅行ブログへ
国内ランキング        にほんブログ村

 

【北海道・富良野旅行記】その6 富良野のおすすめの「ホテル&コンドミニアム 一花」の朝食ビュッフェが凄かった♪

その5)富良野のおすすめの「ホテル&コンドミニアム 一花」の朝食ビュッフェが凄かった♪

 ここ数日のブログの続きとなります。ワイナリー併設のホテルに泊まれば、車でもワインの試飲が出来る!!ということで探し出してきた「ホテル&コンドミニアム 一花」。ワイナリーの他にも満足がいっぱいで、今日はこちらのホテルのブログは最終日となります。

 ホテルのお部屋・温泉も良くって、ワイナリーツアーも勉強になり、試飲したワインからチョイスして食べた「ふらのビストロ」も申し分なく・・・となると、やはり朝食」を語らずにはいられない( *´艸`) 

明るいレストランの風景

 朝は結構小刻みな時間で予約する形でした。密を避けるためにも、テーブルを確保するにも、その方が合理的だと思いました。ビュッフェなので、人がいっぱいで取りに行けないこと、多いですからね。。そして、ナイロンの手袋をつけてビュッフェを楽しむ方式になっていて、やはりここでも感染対策バッチリでした!

朝食ビュッフェ

 席を決めたらワクワクしながら早速とりに向かいましたヽ(^o^)丿 噂に聞いていましたが、料理長特製の「ゴロゴロ具沢山のあったかスープ」が4種も!!!

料理長特製スープ

 ①「ひとはなワインカレ―」え?カレーにもワインが??②「ポークシチュー」にもワインが入ってるだと?③「骨付鶏の赤ワイン煮込み」ワイン好きの人へ!朝から贅沢しませんか!ですって( *´艸`)④「豚パイカ肉とひよこ豆トマトスープ」なんか身体に優しそう・・・う~ん・・・全部飲みたい、でも悩みに悩んで1種「ポークシチュー」にしました。これ毎日飲めたらなぁ~~~かなり強い願望!!!(^^♪ そして焼きたてパンや富良野産小麦を使ったマフィンなども何種類もあって、全部食べるの無理だし困った、困った(>_<)

手づくりお惣菜

 そしてそして手の凝ったお惣菜が数種。また、どれもそそられるぅ~~(^^♪「えびとクスクスのジェノベーゼ風サラダ」ジェノベーゼ味のサラダか!「鶏胸肉と胡麻ドレッシングサラダ」「旬野菜のキッシュ」、私の大好きな「チリコンカンサラダ!!!」「じゃがいもカニカマサラダ」など、いちいち名前にやられます(*^▽^*)

サラダバー

 こちらが、サラダバー。夕食同様地元の農家さんでとれたサラダ菜に、今高ぁ~い玉ねぎ、しかも有機。貴重~~\(^o^)/ そこに美瑛産コーンをたっぷりかけさせてもらいました(^^♪ それだけではなく、「道産鮭フライの自家製スィートチリソース」ローストポークのサラダ」とか、ほ~んとに全~部食べたくなるんです。なので、ほんと少しずつお皿に盛りました。

 また、デザートも豊富です。酒粕プリン」だったり、「ミックスベリーのカスタードタルト」コーヒーゼリー酒粕を使ったものが数種類ありました。こちらお酒も造って販売されていましたので、その関係で酒粕を使われてるんだなと、納得。

ドリンク

 ドリンクと言えば、オレンジジュースにりんごジュースに・・・というイメージですけど、牛乳の飲み比べが出来るんです!「ふらの」「びえい」「とよとみ」と、3種、トレーに乗せるとどれがどれだかわからなくなる!そんな心配をよそに、しっかり種類別の名前入りトレイまで用意して下さってる!気が利くわぁ~m(__)m 飲み比べたところ、濃淡とかが少し違ったかな・・・程度で、実は私は普段牛乳飲まないのでわからないけど、濃い牛乳でしたよ、どれも♪ 

 地元の素材を使った手の凝った料理がこんなにも種類があって、朝からどれ食べようかうろうろしましたけど、朝からバランスのとれた美味しい料理を食べれて幸せだったわぁ~(*^▽^*) なんかいいことありそうだし、何か頑張れそうだし、毎日食べたいな(^-^;

 ということで、夜のビストロ並みにおすすめの朝食ビュッフェのご紹介でした♪

 こちらは夕食同様、宿泊者以外の方でも食べれるようですので、富良野で素泊まりの方は食べに行く価値あり!!!ですよ!!!

◉レストラン閑座「KANZA」情報

場所:ホテル&コンドミニアム 一花 内

時間:(朝食)7:00~9:30

料金:朝食ビュッフェ 大人1980円 / 小学生980円(税込)幼児無料(大人同伴)

 

下記2つのブログランキングに参加しています。クリックをお願い致しますm(__)m

 にほんブログ村 旅行ブログへ
国内ランキング        にほんブログ村

【北海道・富良野旅行記】その5 富良野でおすすめのビストロ~レストラン閑座「KANZA」でワンランク上のディナーを♪

その5)富良野でおすすめのビストロ~レストラン閑座「KANZA」でワンランク上のディナーを♪

 前日、そして前々日のブログの続きとなります。ワイナリー併設のホテルに泊まれば、車でもワインの試飲が出来る!!ということで探し出してきた「ホテル&コンドミニアム 一花」。今日はお食事編です。

 富良野で何度か宿泊していますが、他の都市と違い大抵朝夕付きで滞在しています。と言いますのも、富良野で夕飯となるとお店が近辺になくて車で出かけなくちゃいけないし、お店が早く閉まったりと、これがなかなか大変なんです。ですので、今回も当然2食付きで予約♪こちらのワインを飲みながら、ディナーコースが食べれるなんて最高です\(^o^)/ 尚、こちらのレストランは宿泊者以外でもお食事可能とのことです。

 レストラン閑座「KANZA」でのディナーは2部制となっており、お昼も遅めだったことから2部の19:45~21:30(1部は17:45~19:30)を予約しました。尚、少し早めに来ると、料理長からメニューについてのお話が聞けるとのことでしたので、少し早めに入りました。

夜のレストラン閑座

 案内されたお席は、突きあたりの一番景色が見えるお席でした。外は当然真っ暗なので、窓ガラスに自分達が反射して、反射によりバックのレストラン自体も見渡せる、そんなお席でした( *´艸`) また席も離されていたので、感染対策はもちろん、人の目も気にならず、自分達だけのディナー空間が広がりました♪

本日のコースメニュー

 すでに、ワインの試飲の際メニューが置いてありましが、こんな手描きのメニューって味があっていいですね。更に心を込めて作っているというのが伝わってくるようで。。。そして上富良野産」「中富良野産」「滝川産」「日高産」「せたな(函館)産」「根室産」「道産牛」余市と、地元北海道の食材をふんだんに使っているところ、シェフのこだわりが見えます(*^-^*) どこも訪れたところの地名で、親しみが持てます♪

 ディナーの時間になり、シェフがこのメニューを見ながら説明をしてくれました。

 「前菜」はシェフ自ら地元の農家さんのところに出向き、買い付けている新鮮野菜だそうです。野菜ごとに何軒かの農家さんの名前を仰っていました。めずらしい野菜もあるとのことで楽しみです。また前菜はまだまだここには書ききれないとのとこでしたので、前菜だけでどれだけくるんだろう?と期待が膨らみます。

 次に「メイン料理」。道産牛、上富良野ポークともに地元産。そこになんとこちらのワインでソースを作ったり、ことこと煮込んでいると言われていました。これもワイなリーならではですよね。

 そして「デザート」。ロゼビュルのグラニテとは、ロゼのスパークリングをシャーベット状にしたものらしいです。そもそもアルコールをシャーベットにするというのは聞いたことがない、こちらも注目です。

 まずはワインリストから、ロゼとブランのビュルをチョイス。やっぱり最初はスパークリングかな。テーブルにはシェフがお話しされていた、地元農家さんの野菜や果物リストがありました。単なる野菜を食べるだけではなくなってきましたぞ(^^♪

最初のワイン

  数種のパンも運ばれてきて、まもなく前菜が運ばれてきました。。。

前菜

 わぁ~!!!\(^o^)/ と、声出ますね~。色とりどりの、ほんとに新鮮な野菜がてんこ盛り。スーパーで売っているものとは違います。そして鴨やロースとポークなどの肉類から、そしてアワビにサクラマスや鮭などの海鮮も♪ バランスよく、贅沢に、そして色鮮やかに盛られています。ヤギチーズはこちらで作られているものらしいです。ワインもすすみますよね、既に試飲で飲み過ぎているのに(^-^;

 メイン料理が来る前に、ワインをチョイス。いっぱい種類があるから悩みに悩んで、お肉に合わせて赤!と思ったけど、赤ワインを使ってるって言ってたし、じゃあ飲む方は白で決まり!!

アッサン・ブラン

 そしてメイン料理が運ばれてきました。

メイン

 ワンプレートに3つのメイン料理が盛り付けてありました。今が旬のアスパラがのっています。牛の赤ワインソースはしっかりしたワインの味付けが効いていて、お肉によく合っていました。またポークの赤ワイン煮込みはしっかり煮込んであってお肉に染みこんでいましたが、お肉は柔らかいままでペロリと食べてしまいました( *´艸`) お魚はきっと食べたことがない油子(アイナメ)というらしいですが、淡泊な白身の魚で、赤ワインの味付けのお肉のあとにあっさりといただけました。量もちょうどよかったです♪

 最後に「デザート」。こちらもワンプレートに沢山のっていました。

デザート

 富良野にも春が来ました。「ふらのイチゴのプレート」と名付けられているだけあって、全体的にピンク色。そうだ、桜も咲いている、そこからもこの色になっているのかも?! どれも美味しくってペロリ。注目の「ロゼビュルのグラニテ」は、アルコールの味はせず、食感がシャリシャリとしていました。食べ過ぎ・飲み過ぎた身体に喝を入れるかの如く口の中でシャーベットが広がり、キリッと目覚めさせてくれました( *´艸`) お口直しにGoodです!

 ワインを楽しみながら、これだけの料理が食べれるとは、飽きも来ず、久しぶりの旅行、そして久しぶりの富良野の夜を楽しみました。

 こちらのコースは「ふらのビストロ」と言われる意味が、食べ終わってからわかったような気がしました。気軽に地元の料理が楽しめ、ワインを飲みながら気兼ねなくいただけるこの雰囲気、まさに「ビストロ」だ!!

 ワインの試飲後に、数組の方々がディナ―を申込されていましたが、もう今日はいっぱいだと断られてました。こちらのレストランは、宿泊者以外でもご利用いただけるそうですので、お早めにご予約された方が良さそうですよ!

◉レストラン閑座「KANZA」情報

場所:ホテル&コンドミニアム 一花 内

時間:2部制(1部 17:45~19:30 / 2部 19:45~21:30 / L.O 21:00)

料金:ふらのビストロ 6600円(税込)ワイン別

   小学生プレート:2200円(税込)/ 幼児プレート:1650円(税込)

 

下記2つのブログランキングに参加しています。クリックをお願い致しますm(__)m

 にほんブログ村 旅行ブログへ
国内ランキング        にほんブログ村

【北海道・富良野旅行記】その4 ラベンダーだけでない!!富良野でワイナリーツアーに参加~♪

その4) ラベンダーだけでない!!富良野でワイナリーツアーに参加~♪

 前日のブログの続きとなります。ワイナリー併設のホテルに泊まれば、車でもワインの試飲が出来る!!ということで探し出してきた「ホテル&コンドミニアム 一花」

 チェックイン後、4時前にホテル前からバスが出発し、ワイナリー「ドメーヌ・レゾン」へ向かいました。

ドメーヌレゾンワイナリー

 こちらのワイナリーでは中富良野の傾斜のある斜面でブドウ栽培をされているようです。ドイツのライン川沿いもそうですが、あの傾斜により葡萄にたっぷりと日光が当たるんですよね。そして中富良野の畑は現在40ヘクタールもあるようですよ。まだワイン作りを始められて間もないようですが、最初はどのぶどうの品種が育つのかわからず、様々な品種を栽培されたそうです。また同じ土地でありながら、区画により育つもの、育たないものもあるようで、なかなか奥が深そうです。私はその種の専門ではないですが、色々と実験したくなりました。そんなこんなで現在栽培されているのは、シャルドネ、ツヴァイゲルトレーベ、ソーヴィニヨン・ブラン、ケルナー、ミュラー・トゥルガウが主な品種とのこと。私はよくドイツワインを飲みますが、ドイツワインでもよく聞く品種です。

 さて、ワイナリーの敷地にはヤギがいましたが、こちらで生活するヤギの排せつ物が土壌に還る、そしてその土が葡萄の栽培を助けるというサイクルらしいです。

料理長さんが説明してくれました

 実際、外に出てブドウが植えられているところを見学しました。北海道はご存知の通り雪が降り、冬は寒く葡萄の木がやられます。ですが、実は雪の中って暖かいという性質を使って、冬は葡萄の木を地面に這わせるんだそうです。そしてそこに雪が積もり、雪で寒風から葡萄の木を守るんだそうですよ。

ワインが出来るまで

 そして室内に入り、まずはタンク室へ。

破砕・除梗

 ブドウを収穫後、この機械に入れ、ふるいにかけごみや枝などを除去します。

圧搾

 こちらは圧搾の機械ですが、白ワインは圧搾して皮を取り除いて発酵させますが、赤ワインは皮つきのまま発酵させますので、皮の渋みが残りそのままワインの味に渋みが残ります。

ステンレス製ジャケットタンク&スパークリング用耐圧タンク

 ステンレス製のジャケットタンクで温度管理しながら熟成させます。この時の温度により、ワインの出来が左右されるので、とても重要な工程になります。その横の機械は、スパークリングワインを作成する際に炭酸を入れる機械です。

樽貯蔵室

 熟成させるのは、ステンレス製のタンク、もしくはこちらの樽で行います。樽で熟成している間に、ワインに樽の香りがつきます。白ワインは2~4ヶ月、赤ワインは4ヶ月から2年熟成です。何れにしましても、熟成後は赤・白ともにろ過されます。

詰め室

 この日は作業されてなかったですが、こちらで瓶詰めとラベルのシールが貼られます。

(工程は早口でお話しされたのでしっかり理解できているのか不明ですが、確かこんな感じだった・・・(^-^; )

 そしてホテルに戻り、いよいよ試飲タイムです。

試飲タイム

 十数種類のワインの特長が書かれたものを準備してもらっていて、これを見るだけでワクワクです(^^♪ ワイングラスに少しずつ、全種類試飲させてもらいました。赤白の違いやスパークリングの違いは明白ですが、樽で熟成されたものは飲む前から既に樽の香りがし、口の中にも樽の香りがふわ~っと広がりました(*^▽^*)。どれも結構すっきりとした辛口が多かったですね。わかったような、わからなかったような、最後はどれがどれだかわからない状態になってしまいましたが(^-^;、一つ言えることは、樽で熟成されたワインは、しっかりと樽の香りがワインにしみ込んでいたということ。あ~、これぞワインだ~って感じですね。

 ここまでで約1時間のワイナリーツアー、試飲もいっぱいできて、興味深い話も聞け、また一つワインの知識が増えましたヽ(^o^)丿やっぱりワイナリー見学は楽しいですね(*^▽^*)

 さて、今夜は腕を振るって作られるシェフのディナーをどのワインでいただこうかな。そんな風に思いながら、お部屋で楽しみにディナーを待ちました♪♪ (つづく)

 

下記2つのブログランキングに参加しています。クリックをお願い致しますm(__)m

 にほんブログ村 旅行ブログへ
国内ランキング        にほんブログ村

 

 

【北海道・富良野旅行記】 その3 車でも試飲可能なワイナリー併設のホテルに宿泊~♪

その3) 車でも試飲可能なワイナリー併設のホテルに宿泊~♪

 今回久しぶりの旅行。北海道か沖縄、どっちに行こうかと調べたところ、北海道の方が飛行機代が安い!とりあえず桜も咲いてることやし北海道にしようかと、北海道に決定ヽ(^o^)丿 次に広い北海道で何をする?どこに泊まる?と思い、富良野は何回も行ってるし、この時期ラベンダーも咲いてへんし・・・と早々に却下。洞爺湖ニセコ支笏湖あたりを巡ろうか、あ、余市に行けば何か果物狩り出来ひんかな~?あ、余市にワイナリーない?という感じで調べていったんです。

 海外ではまず車で旅行することはほとんどなく、ワイナリーへもツアーに参加したり、公共交通機関で行くので試飲しても問題なかったのです。でも日本では車を運転するから、ワイナリーは遠ざけてきました。もちろん見学は可能ですが、やっぱりワイナリーで試飲できひんとなると、楽しみ半減するのでほとんど行ってなかったんです。なので、ワイナリー併設のホテルを探したんです。で、あったんです、富良野に!!という、これで行先が富良野になりました。その名も「ホテル&コンドミニアム 一花」

 通常3000円するワイナリー見学(試飲付)が宿泊者は無料ということで、めちゃくちゃお得やん♪って、ワクワク(^^♪ 当日は札幌から富良野に入り、ジンギスカンのランチ、六花亭での食後のスィーツを食べ、小腹を満たしたところで富良野の桜の名所を巡り3時半ごろチェックイン。

ホテル外観

 荷物を降ろし、少し離れた駐車場に車を置きに行き、改めてホテルに入りました。中は、オシャレな雰囲気(*^▽^*)

ホテルのエントランス付近から、ブティックとラウンジ

 入っただけで、木のぬくもりや柔らかい光が心地よく、雰囲気がものすごくいい感じ♪自然とテンションがあがりますヽ(^o^)丿 奥に見えているのはラウンジです。ここでチェックインをしました。

ラウンジ

 とても静かで、心温まる柔らかな雰囲気。日ごろのストレスやイライラなんて忘れてしまいます(^-^; 大きな窓から光がたくさん入ってきてとても明るく、またここからはまだ雪の積もった十勝岳富良野の街が見渡せました。このラウンジはチェックインだけに利用するのではなく、夜の23時までコーヒーや、フロント前に置いてあったワインを試飲できる、くつろぎのスペースになっています。

ワインの試飲

 エントランスすぐにあったこちらのワイン、ホテルに入って1番に目に入りました(^-^; なんか本格的で、ここで自由に試飲できるなんて、ワイナリー併設だからこそですよね~。嬉しい)^o^(  数あるワインの中から、この日は5種類のワインが試飲できました。アルコールが苦手な方には、アップルジュースとお水もおかれていました。アルコールやナイロンの手袋まで置かれており、感染対策がしっかりとなされていました。安心ですね。

 さて、チェックイン後は女性の方にお部屋まで案内していただきました。館内とても綺麗で、聞くところによると2018年12月に出来たとのことでした。

お部屋の入り口から

 今回お部屋は「スタンダード」を予約していました。いわゆる、一番安いお部屋です(^-^; が、そんな風に感じない、とてもいいお部屋でしたヽ(^o^)丿

 お部屋の入り口からベッドルームに入る手前の両サイドに、まずは右手にパウダールーム・バスルームがありました。

パウダールーム&シャワールーム

 綺麗としか言葉が出ない。タオルも真っ白でふわふわ、気持ちいいものでした。

 次に入って左手、パウダールームの向かいはトイレ。

トイレ

 綺麗で清潔なのに加え、壁紙が気に入った!(^-^; トイレの雰囲気は落ち着いてますね~。ウォッシュレットのトイレ、これ結構いいやつです。

 で、いよいよベッドルームに入ります。

スタンダードツインルーム

 ほんとにどこを見ても綺麗で清潔。25㎡もあり、スーツケースもゆったり開けられますし、窮屈さを感じないですね。奥には大きなソファーとテーブルがあり、お部屋でもベッドの上ではなく、こちらのスペースでのんびりと寛げます。また真っ白なお布団も清潔で、シモンズのベッドの寝心地も最高でした♪ 

お茶菓子等

 お部屋のタイプはこの他にもう少し広くキッチンもついたコンドミニアムタイプの「スーペリア」、そして更に広く、リビングルームもある「デラックス」。こちらは更にバルコニーもあるようです。ここに1週間ほど滞在したいなぁ~。自分家より寛げそう( *´艸`)。そしてもうひとつは、「スイート」。うちの家より広い、110㎡。何があるん?と調べたところ、2ベッドルームとリビングルーム、そしてトイレも2つあるみたいです。ファミリーや2カップルでも滞在できそうですよね。そしてもちろんキッチン、洗濯乾燥機もあります。これ、もう完全に家やん(^-^;  そしてバルコニー。ここからの眺望、いいでしょうね。いや~、今更だけど、1泊やから奮発してこの部屋にすれば良かったかな。。でも日中いないから、勿体ないか(^-^;

 そうそう、大切な案内を忘れていました。こちらのホテルには、大浴場があるんです!!広いお風呂に入り、ゆっくりと浸かることができましたよ~(*^^)v いいですよね、やっぱり大きいお風呂。もともと全室で33室なので、時間帯にもよるかもしれないですが、混みあってもいませんでしたし、脱衣所や洗面台等もとても綺麗でした。やっぱり大浴場があるとホッとしますし、大浴場があるホテル探したりしますもんね。そういった意味でもこちらのホテルはおすすめです。

 ということで、私達はスタンダードルームでしたが、十分ゆっくり出来、大満足でしたヽ(^o^)丿

 富良野に来て、美味しいワインに美味しいお食事、そしてこの上質な滞在を旅の思い出の一つにしてくださいね~♪

 そしてなんとこちら「どうみん割」使えそうです。羨まし~~い!!!

 

下記2つのブログランキングに参加しています。クリックをお願い致しますm(__)m

 にほんブログ村 旅行ブログへ
国内ランキング        にほんブログ村