タビジョのゆかいな放浪記

日本や世界の街々を巡った放浪記を綴ります♪

【タイ バンコク旅行記】楽しみ方のご紹介~おすすめスポット その4 マンゴーのスィーツ専門店『マンゴタンゴ』へ行こう♪

その4)マンゴーのスィーツ専門店『マンゴタンゴ』へ行こう♪

タイではたくさんの南国フルーツが作られ、日本よりはるかに安くで食べることが出来ます。その中で代表的なフルーツ『マンゴー』。そのマンゴーを中心にしたスィーツ専門店『マンゴタンゴ(Mango Tango)』をご紹介しま~す♪

サイアム店の店舗が大きいらしいのですが、私はアジアティークで買い物途中に立ち寄りました。2回訪れましたが2回ともすぐにオーダー出来たので、時間帯にもよるかも知れませんが、比較的空いているお店なのかも知れません。

f:id:tabizukigirl:20180814153717j:plain

マンゴーを使ったたくさんのスィーツがありますが、私は迷わずお店の名前と同じ『マンゴタンゴ』にしました。こちらはフレッシュマンゴー半分にマンゴーアイス、生クリームがトッピングされたマンゴープリンのセットです。このように贅沢にカットされ、反り返った完熟の甘いマンゴーを食べるとか、マンゴー好きにはたまりません( *´艸`) マンゴーアイスも濃厚な味で、マンゴーの果肉が入ったプリンと生クリームのコラボも最高です!これで165THB(約550円)

f:id:tabizukigirl:20180814153747j:plain

もう一品のこちらはマンゴアロハ』フレッシュマンゴーにタピオカミルクを合わせたもので、85THB(約290円)

f:id:tabizukigirl:20180814153846j:plain

タイに住んでたら仕事帰りに毎日でも行きそうですね(^-^;

因みに店内ではこのような感じで食べられます。

f:id:tabizukigirl:20180814154236j:plain

屋外ではと言っても、アジアティーク内ですので外ではないですが、このような開放的な感じで食べられます。

f:id:tabizukigirl:20180814154322j:plain

タイに滞在される方は是非1度足を運んで食べに行ってください~。

尚、お店情報や料金などは変更になることがありますので、事前に確認をお願いします。

 

 

◎マンゴタンゴ お店情報◎

【Siam Square Soi 3】

12:00-22:00

【Asiatique, Warehouse 1】 

15:00 - 23:00

【Chiangmai, Nimmanhaemin Soi 13】

11:00 - 22:00

HP:http://www.mymangotango.com/

 

【タイ バンコク旅行記】楽しみ方のご紹介~おすすめスポット その3 タイの雰囲気を楽しみながらの本格的タイ料理『マンゴツリー』へ行こう♪

その3)タイの雰囲気を楽しみながらの本格的タイ料理『マンゴツリー』へ行こう♪

 今回お紹介するのはバンコクのサラデーンにある伝統様式の一軒家レストランで、タイの雰囲気を存分に味わいながらタイ料理が食べられるという『マンゴツリー』です。日本にも何店舗かあるのでご存知の方も多いかと思います。こちらの料理は本格的なタイ料理でありながら辛さは控えめなので、辛いのは苦手という私のような人にもおすすめです。

 座席は室内屋内とがあります。いくらタイの雰囲気を楽しみたいと言っても、暑いのはちょっと・・・ということで、エアコンが効いた室内にしました(^-^; 店内は落ち着いた雰囲気でインテリアもおしゃれです。

f:id:tabizukigirl:20180814041802j:plain

メニューは日本語も書かれているのですが、読み方がカタカナ表記されているだけでさっぱりです。どんな料理であるのかは英語の説明を読むことになりますが、説明を読んだところで想像通りの料理がきたことはないので(^-^;、辛いのは苦手だったりパクチーなどの香草が苦手な私でも食べられた料理を写真とともにご紹介したいと思います。

 尚、価格ですが、それぞれ一品あたり150THBから500THB(約500円~約1700円)くらいのものが多く、カニなどについては1000THB(約3500円)ほどです。日本のお店では高級店になりますが、タイなので日本で食べるよりお安く食べれます。ですが、タイのお店にしては結構な価格なので、タイでは高級料理店ですね。

それではお料理をご紹介しま~す。

◎カラ トン トーン 

<Kra Thong Thong>150THB

タイのお上品な前菜の料理です。料理はもちろんのことこの陶器がタイの宮廷料理を思わせます。パリパリとしたカップに2種類の具を盛り付けて食べます。

f:id:tabizukigirl:20180814041909j:plain

◎トム カー ガイ 

<Tom Kha Gai>190THB

タイのスープはトムヤムクンだけではないようです。トムヤムクンは辛くて苦手ですが、こちらは鶏肉とココナッツミルクのスープで辛くないです。ココナッツミルクの中に酸味が効いていて、レモングラスが香ります。

f:id:tabizukigirl:20180814041931j:plain

◎ガイ ホー バイトーイ 

<Gai Hor Bai Toey>220THB

 鶏肉をバイトーイという笹の様なハーブの葉で包んで蒸し焼きにする料理です。笹団子の様に外側の葉を開けるとバイト―イの香りが漂い、ジューシーな鶏肉にもしっかりと香りが移っていておいしさを引き立てています。

 f:id:tabizukigirl:20180814041947j:plain

◎ヤム ソム オー 

Yum Som-O>270THB

ソムオーとはザボンのことで,ザボンを食材としたヤムというタイのサラダです。サラダの中にザボンが入っていて、酸味も甘みも強くはなく、さっぱりとしたサラダです。

f:id:tabizukigirl:20180814042024j:plain

◎グン パッド プリッド タイ

<Goong Phad Prik Thai Ocn>370THB

えびの黒胡椒炒め。こちらはカレー味で、プリップリのエビが美味しかったのですが、黒胡椒がよく効いていてピリッと結構辛かったです。

f:id:tabizukigirl:20180814042100j:plain

◎ガイ ムー  サテ 

<Gai moo Satay>220THB

こちらは私の大好きなサテ。チキンとポークの両方をオーダー。それぞれピーナッツの甘いタレを付けて食べます。

f:id:tabizukigirl:20180814042116j:plain

◎カイ ジャラ ブー 

<Khai Jiew Poo>250THB

こちらはタイ風蟹オムレツ。

f:id:tabizukigirl:20180814042140j:plain

◎プラー カラ ポン プラウワーン

<Pla Kra Phong Priew Wan>450THB

こちらはすずきの唐揚げと野菜のスィートソース味になっています。

f:id:tabizukigirl:20180814042156j:plain

◎グン パッド ノン マイ ファラウン

<Goong Phad Nor Mai Farang >370THB

アスパラとエビの炒め物で、これは一番美味しかったと個人的に思います。2か月の間に2回訪れて2回とも食べました! 

f:id:tabizukigirl:20180814042222j:plain

◎パイナップルジュース 100THB

これ、めっちゃ美味しかった!

 f:id:tabizukigirl:20180814042242j:plain

本格的なタイ料理は辛いと思いますが、外国人向けに?辛さを抑えたタイ料理ですので、観光に訪れた際には是非食べに行ってみて下さい。タイにしたら高めですが、日本のマンゴツリーに比べるとかなりお安く食べられますよ。

行かれる予定の方は現地で何を頼むか迷わないために、あらかじめこれを参考にして行かれることをおすすめします。

f:id:tabizukigirl:20180814042313j:plain

 

 ◎マンゴツリー(Mango Tree) 情報◎

住所:37 Soi Tantawan, Surawongse Rd.,Bangkok 10500

交通:BTSサラデーン駅から徒歩7分。駅の1番出口

営業時間:11:30~24:00

定休日:年中無休

TEL:02-236-2820

カード:可

【タイ バンコク旅行記】楽しみ方のご紹介~おすすめスポット その2 インターコンチネンタルホテルの『アフタヌーンティー』へ♪

その2)インターコンチネンタルホテルの『アフタヌーンティー』へ

アジアに旅行した際には滞在中にアフタヌーンティーに出かけることが多いのですが、バンコク滞在中にもインターコンチネンタルホテルバルコニーラウンジアフタヌーンティー』に行ってきましたのでご紹介します♪

今回数あるホテルやカフェの中でこちらのアフタヌーンティーに決めたのは、JCBカード優待で15%引きになるということでやってきました。

インターコンチネンタルホテルBTSチットロム駅から歩いてすぐのところにあります。

f:id:tabizukigirl:20180812173821j:plain

バルコニーラウンジはホテルのロビーから左側にあり、天井が高くて明るく、高級感いっぱいの落ち着いた雰囲気でした。

f:id:tabizukigirl:20180812173848j:plain

中に入ると、座り心地の良いソファー席に案内されました。

こちらのホテルでのアフタヌーンティーは『ウエスタンスタイル』での提供。私はブッフェ形式よりもこちらの方がバタバタしなくてのんびりくつろげるので好きです。

そして飲み物は、数あるTWGの紅茶からアールグレイをチョイス!紅茶はお湯を1回まで無料で足してもらえます。

暫くして2人分が盛られたウエスタンスタイルのケーキスタンドが運ばれてきました。

f:id:tabizukigirl:20180812174050j:plain

ふょっえ~!!美味しそう!!(^◇^) 自然と笑みが出て、話も弾みます。

f:id:tabizukigirl:20180812182328j:plain

結構なボリュームでしたので、お昼は軽めか食べずに行った方が良さそうですね!とても美味しかったです♪

f:id:tabizukigirl:20180812174109j:plain

この日は土曜日でしたがお客さんは少なく、周りの人の目を気にすることなくのんびり出来ました。これならひとりでも来れそうですよ。バンコクの暑さと騒々しさからしばし逃れられた、そんなとてもいい時間が過ごせました(*^^)v

最後に、私はJCBカードをホテルのセーフティーボックスに忘れてきた為、優待が受けられなかったという悲劇が起こりました( ゚Д゚) くれぐれもカード持参をお忘れなく~!!

◎インターコンチネンタル バンコク アフタヌーンティー情報◎

Balcony Lounge バルコニーラウンジ

最寄駅:BTSチットロム駅 1・2・6番出口から徒歩約3分

定休日:年中無休 

アフタヌーンティーの営業時間:2:30PM~5:30PM 

 料金:1名分セット 550THB /約1800円(税・サ別)

    2名分セット 850THB /約2800円(税・サ別)

*8/12現在、1THB=約3.3円

JCB優待★

JCBカードで支払うと、上記アフターヌーンティーセット料金が15%引きになります!

アフタヌーンティーの内容や優待内容については変更になる場合がありますので、事前にご確認をお願いします。

【シンガポール旅行記番外編】F1ナイトレース観戦の楽しみ方~ その2 コース近くのホテルからの観戦レポート~♪

2016年は観光地として有名なマーライオン、マリーナベイサンズ、フラートンホテルが見えるベイエリア(BAY GRANDSTAND)で観戦しました。

2017年はなんとコースすぐそばのホテルからの観戦。もちろんF1中でホテルは激高。でもF1のチケットを買わなくてもいいから、その分ホテル代に充てられるというわけなのです。なので、コースすぐ横の『パンパシフィックホテル』のなんと奮発してクラブルームに宿泊、そしてF1観戦は最上階のクラブラウンジから広範囲を見渡して観戦しようと、ホテル代金がまだ比較的安かった1年前に予約しました。

f:id:tabizukigirl:20180812013841j:plain

クラブラウンジからはこのように市街を、そしてコースを見渡すことが出来ます。

f:id:tabizukigirl:20180812001117j:plain

この時期はお国を挙げてのF1フェスティバルとも言うべきか、街中至る所にF1の看板フラッグオブジェなどで雰囲気も盛り上がり、華やかです。

f:id:tabizukigirl:20180812020101j:plain

ホテル正面の自動ドアもこの時ばかりはF1のポスター的な絵に!!

f:id:tabizukigirl:20180812001246j:plain

そしてドアが開けばそこにはF1カーには程遠いものの(^-^;、夜景の中にコースが光り輝いているタペストリーがありと、始まる前からテンションが上がります。

f:id:tabizukigirl:20180812001355j:plain

また日中はコースのそばを歩いてみたり、ショッピングに出かけたり、クラークキーからリバークルーズでお祭り騒ぎの街やコースを客観的に見てみたり。。私も色々な角度から楽しみました。 

f:id:tabizukigirl:20180812014028j:plain

もちろん、せっかくのクラブルームに宿泊しているとあり、クラブラウンジにも通いました。

f:id:tabizukigirl:20180812014242j:plain

日に日にF1カラーが増し、ここシンガポールグランプリのコースを形どったものにチョコレートのF1カーやヘルメット、タイヤが飾ってあったり。

f:id:tabizukigirl:20180812014131j:plain

f:id:tabizukigirl:20180812014330j:plain

上品なガラスの器に入ったアパタイザーにはチェッカーフラッグが立ててあったり。

f:id:tabizukigirl:20180812014349j:plain

カプチーノを頼めば、F1の文字が!!ここにいてもF1中であることを忘れさせない計らいでした。

 f:id:tabizukigirl:20180812014409j:plain

また決勝はもちろんのことプラクティスや予選の間はいくつものモニターで観戦することも出来ます。

f:id:tabizukigirl:20180812014456j:plain

シャンパカクテルコーヒーTWGの紅茶などを飲みながら、お腹が減ればケーキなどの軽食や本格的な食事をしながらその時を待つ。何とも言えない時間の使い方( *´艸`)

f:id:tabizukigirl:20180812014646j:plain

f:id:tabizukigirl:20180812014539j:plain

そして肝心のF1観戦!!

ホテルのプール階まで降りてくると、プールからテニスコートに向かう中庭のようなところで、なんとこんなにも近くに真上からコースが観られるところがあります。お世辞にもゆっくり観られるとは言い難いところではありますが、こんな近くでというか、真上から観れるところは観戦チケットを購入してもないと思います。ここからだと、あの大きなエンジン音も耳が痛くなるほどの爆音で聞けたり、またそれが胸に響いたり、生観戦でしか味わえない体験が出来ます。実際、決勝のスタート1周くらいまではここで観ていましたが、大雨が降ってきてすぐにラウンジに戻りました。

f:id:tabizukigirl:20180812022242j:plain

ラウンジではどのようにみえるのかというと、メインライブが行われる公園の向こう側のラインはこの通り!!

f:id:tabizukigirl:20180812014824j:plain

フラートンホテル前の鋭角なカーブに向けて減速する様子、そこから今度は加速してこちらに向かってくるエスプラネード・ドライブ!!

f:id:tabizukigirl:20180812014846j:plain

そしてホテルの真下のストレートラインはこんな風に見えます\(^o^)/

f:id:tabizukigirl:20180812014939j:plain

また予選や決勝では摩天楼に包まれたシンガポール市街を上空からヘリで見ているかのように見下ろしF1観戦できる!!\(^o^)/

f:id:tabizukigirl:20180812015850j:plain

f:id:tabizukigirl:20180812015036j:plain

 そして最後のシンガポールフライヤー近くからあがる花火も、この通りよく見えました。

f:id:tabizukigirl:20180812015227j:plain

何とも優雅なF1観戦(*^^)v

ただ、ライブに誰が来るのかわからない1年前からホテルを予約し、チケットを購入してなかったから、メインライブとなる大物シンガーが『アリアナグランデ』だったのにライブに行くことが出来ず、そこは残念でした。。( ゚Д゚)

今年はSEKAI NO OWARIのライブが決まっています。わけあって今年2018年はTV観戦ですが、行かれる方は楽しんで来てください~。

 2018年F1シンガポールグランプリ(Singapore Grand Prix)情報◎

9月14日(金)~16日(日)にマリーナベイ市街地コースで開催

ANA国内線ラウンジ内観レポート(関西空港国内線編) 

ANA上級会員、プレミアムクラス搭乗者等が利用できるANA国内線ラウンジ』。よく使う空港はともかく、滅多に行かない空港を利用する際は、ラウンジがあるのかないのかから調べることも。。そんな調べさせるほどのANAラウンジは実際どのようなところなのかをレポートしたいと思います。

 ANAラウンジにはアルコールを含んだ飲み物ソフトドリンク、袋入りのあられがあり、広く快適な空間となっています。さらにアロマの香りが日頃の疲れ切った身体を癒してくれます。また、雑誌新聞も置かれています。もちろんwi-fiも使えます。

 

今回は関西空港国内線ラウンジ編

さて関西空港国内線のラウンジは、ターミナルビル2F 北出発口手荷物検査場通過後、すぐ右側奥にあります。荷物を受け取った時点で右!というくらい、ほんとにすぐ横です。うっかり搭乗口に向かわない様に気を付けて下さい。私はラウンジに向かうのに必死で、手荷物を受け取ることを忘れてラウンジに行ったことがあります!!(^-^; ラウンジから出て来たら、私のスーツケースを持ってうろうろ探してくれていた手荷物検査のスタッフを発見!!それで初めて荷物を忘れていたことに気付いたという(^-^; 海外やったら荷物ないところでした( ゚Д゚)

 

話戻しまして、ラウンジに入りますと、伊丹空港など他の国内線ラウンジに比べビジネスマンがいない?少ない?ので、いつも比較的空いていてゆっくり出来ます。しかし窓がないので、飛び交う飛行機は見れません。 

f:id:tabizukigirl:20180720002604j:plain

席について、パソコン等仕事が出来る電源付きデスクやサイドに軽食が置けるスペースがあるソファー席などがあります。

f:id:tabizukigirl:20180720002619j:plainf:id:tabizukigirl:20180720002630j:plain

国際線のラウンジとは違って、食べるものが「あられ」だけなので、時間帯によってはここでパンなどを食べることが多いです。。

 

その軽食を食べる際の飲み物についてですが、まずはコーヒー類から、コーヒーマシーンにてホットコーヒー、アイスコーヒー、カフェラテ、アイスラテ、アメリカ―ノ、エスプレッソが作れます。

冷たい飲み物には青汁、ミネラルウォーター、牛乳、野菜ジュース。そしてソフトドリンクマシーンもあり、温かいものから冷たいものまで多種多様な物が置かれています(2018.5現在)。

またアルコール類にはビール(アサヒスーパードライ)、ROYAL、芋焼酎のさつま美人等があります(2018.5現在)。尚、銘柄は時々変わっているようです。

f:id:tabizukigirl:20180720002714j:plain

搭乗前のANAラウンジは、家を少し早く出てでも長く居たくなる快適空間であることに間違いなし!!

希望するお店をネット予約